• HOME
  • 製品紹介
  • サポート
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 資料請求
  • お申込み
  • 会社案内




専用ソフトは、使いやすさを重視。

 Safety Data Bankでは、専用のクライアントツールを使用して、
バックアップ、リストアを簡単に操作出来ます。

■ファイル設定 ■世代管理・固定領域管理 ■スケジュール設定
■ファイルの指定。
バックアップを行うことができるのは、アプリケーションで作成したデータファイルです。
バックアップ対象にしたいフォルダを指定すると簡単な操作により、含まれる複数のフォルダ・ファイルが一度に設定されます。
SafetyDataBank クライアントツールでは、Microsoft SQLServer TM ファミリのデータベースを簡単にバックアップする事が可能です。
SafetyDataBank クライアントツールでのファイル指定は、Windows「エクスプローラ」と同じ感覚で操作を行う事が可能です。下図参照▼

 
 ファイル指定画面

■世代管理・固定領域管理
お客様からお預かりするバックアップデータは、複数の世代で管理され、お客様が必要なときにはどの世代からでもデータの復旧を試みることができます。
セーフティデータバンクでは、4つの世代領域と1つの固定領域を搭載しており、世代管理と世代別管理の2種類の方法でデータの管理を行います。
●世代管理
お預かりするデータは、4つの世代管理によって、さらに高度な保護管理を行います。
今日行ったバックアップでは既に壊れていたファイルも、前回前々回に行った破損前の世代のバックアップデータを取得する事が可能です。
●固定領域
世代管理とは別に、固定データ領域によるバックアップ管理を行います。固定バックアップ管理では、必要なデータを永久に保存する事が可能となります。

 
 領域指定画面

■スケジュールの設定
事前にバックアップする日時を設定する事により、コンピュータを利用率の低い時間等にバックアップを行う事が可能です。
SDBクライアントツールではスケジュールを以下の様に詳細に設定する事が出来ますので、貴社の業務に合うスケジュール設定が可能となります。

 
 スケジュール設定画面

●月単位の指定日に実施
バックアップを[毎月][隔月][3ヶ月][4ヶ月][6ヶ月]のいずれかの間隔で、指定日に実施するスケジュールを定義します。
●曜日を指定して実施
バックアップを[毎週][隔週][第1〜第4][最終]の週間隔で実施、または、毎月第○週の○曜日に実施するスケジュールを指定します。
●指定日数間隔で実施
バックアップを毎日又は、○日おきに実施するスケジュールを指定します。
●実施時刻の設定
バックアップを行う時間を設定します。
| 製品紹介 | サポート | お客様の声 | よくある質問 | 資料請求 | お申し込み | 会社案内 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ | HOME |

© 1997- Nihon Jyoho Create Co.,Ltd.